ベイジアコインについて、よくあるご質問です。

ベイジアコインが欲しいのですがどうしたらいいですか?

1)アカウントを登録してください。自動的にウォレットが開設されます。

2)取引所に購入したい分の現金を送金してください

3)ウォレットに送金した金額分で購入できるBSC(ベイジアコイン)が送金されます。

ウォレットとは何ですか?

あなたのJPY(日本円)やBSC(ベイジアコイン)をインターネット上で保有する暗号通貨口座の事です。

一般的な銀行口座と違って、このウォレットは市場と連動されていますので、チャージされているJPYで市場で売りに出されているBSCを購入する事ができますし、保有しているBSCを市場で売却してJPYに換金する事もできます。

とりあえずJPYのままウォレットにチャージするのは可能ですか?

はい、可能です。

取引所に現金を送金しても、すぐにベイジアコインを保有するのではなく、様子を見るためにウォレットにはJPYの状態で保有しておく事は問題ありません。

方法は、

1)アカウントを登録してください。

2)ウォレットに保管しておきたい分の現金を取引所に入金してください。

3)連絡フォームで「JPYをチャージ希望」を選択してご連絡ください。

4)あなたのウォレットに入金額と同額にJPYがチャージされます。

5)現金化したい場合は、「出金」ボタンをおして手続きください。

6)いつか「ベイジアコインを購入するタイミングだ」と思う事があればご自身のウォレットの「取引」ボタンをクリックして、市場に売りに出されているBSCを購入してください。

ベイジアコインの発行枚数は何枚ですか?

最大発行枚数は1億枚となります。

ベイジアコインの現在の発行枚数は何枚ですか

 

当初の発行枚数は6000万枚と絞っています。

 

残りの4000万枚は銀行など金融機関向けのサービスとして海外送金市場やフィンテック関係のプラットフォームで使用するハブ通貨として市場流通させることは考えておりません。

なので一定枚数の市場普及が確保された時からは、ベイジアコインの新規発行の比重を下げてチャートでのトレードからの購入推奨に比重を移していく予定です。

ベイジアコインユーザー数 (2017年2月現在)

まだ若いコインのため現在ユーザ数は数千人となります。

ベイジアコインの無料通話アプリとはなんですか?

シェアリングエコノミーに対応したブロックチェーンベースの無料通話アプリの開発を発表しましたが、2月あたりからプロモーションに動いていく予定です。

ホワイトペーパー、オープンソース化などに目途が立ってから徐々に表に出そうと考えておりましたが、3〜4月に出せるある程度目途が立ってきたので、勉強会も現在始めています

 

 

上記無料通話アプリについては、ブロックチェーン上で所有権をも管理するので、例えば、自分が手を込んで書いたコンテンツの所有権をブロックチェーン上で管理する事により、その閲覧にはコインを払わないといけない、といったことも可能にし、コインでの決済に対応した民泊やライドシェア機能を入れますが、仮想通貨でのライフスタイルの実現をサポートできたらと思います。

ベイジアコインの流通方法に関して

 

流通方法に関しては各ゲートウェイ、マーケター、などを通じて流通される予定です。

発行ルールについてはコンセンサスベースのコインは既にコインは生成済みという概念なのであとはどうコインを流通させていくかを課題としております。

ベイジアコインの流通国は?

インド

日本

香港

シンガポールとなります

ベイジアコインは取引所から購入するのですか?

いいえ、違います。

原則はお客様自身が市場で売りに出されているBSCを購入します。

しかし当関西取引所では、購入委託を希望されるお客様がおられたばあい、お客様の代わりに当取引所が市場からBSCの購入を代行して行い、お客様のウォレットにBSCを送金する委託業務を行っていますので、不安な方は運用代行委託で購入ページをご覧ください。

各取引所によって運用代行サービスを行っているところといないところがありますので、ウォレット開設場所はそのようなサポート体制も判断材料に入れたほうがいいでしょう。

 

取引所とはなんですか?

ベイジアシステム上で使えるJPY(Baysia Japan Yen)の発行を専門に行う団体です。

関西取引所はベイジアジャパンの許可を得た公式の「電子的JPY」を発行する権利を持ちます。

その権利を行使して発行されたJPYをベイジアウォレットを持っているベイジアユーザー限定に貸与を行っています。

貸与されたJPYはシステム上、全世界のベイジア取引所で利用可能なJPYとして認識されます。

 

取引所はどんな事をしているのですか?

取引所の役割は3つです。

 

1)ベイジアコインを購入するためのJPYを発行する

2)ベイジアウォレットを作成、管理する

3)購入・売却・出金をサポートする。

取引所はどのように利益を上げているのですか?

取引所運営はもちろん経費がかかりますので、それを維持するために取引所は、取引所で口座を開設されて「購入代行委託」や「運用委託などで売買」「出金」される会員様から独自に手数料をいただき運営いたしております。

一般的な株取引や銀行取引の手数料とは、比べものにならないほど暗号通貨のトレードにかかる手数料は安いのですが、暗号通貨は世界中で利用されていますので薄利ではありますがたくさんの会員様をサポートさせていただく事ができます。

※セルフトレードのお客様は、出金手数料のみしかかかりません。

取引所は出資法に触れませんか?

関西取引所では、利回りや投資などの目的で現金を預かっていません。

出資法は出資を募る事に関しての法律ですが、関西取引所では出資を一切募っておりません。

BSCを購入されたいユーザー様にウォレットを作成し、ベイジアトレードができるJPYを発行する代わりに同額の保証金をいただいています。

JPYをご返却いただく事でJPYと同額の補償金を返還させていただいております。

現在ベイジアコインの取引所がある国

インド

日本

香港

シンガポール

現在のベイジアコイン取引所数

インド    1ヶ所

日本     3ヶ所

香港     2ヶ所準備中

 

シンガポール 1ヶ所

1年以内にベイジアコイン取引所の設立予定がある国

中国は現在、国際送金からスタートして取引所を設立予定となっています。

タイについても取引所を設立するために着々と準備が進んでいます

台湾はスタート間近となり。

 

アメリカについても現在取引所を作るための事前調整段階から具体的な協議へと移っています。

1年以内に設立されそうなベイジア取引所の総数

啓蒙活動と販売ネットワークの開拓のために、現在世界と国内の各地で勉強会とセミナーを開催いたしており、特にニーズのあるところに取引所を開設をしようと考えています。

日本では今年中に2つ、もしくは3つの取引所を増設することを協議しています。

 

 

1年以内にベイジアコインの流通が予定されている国

 

取引所がある国をベースにその国で展開していきますが、ビットコインによる購入受付もしていきますので、国を問わず広がっていくでしょう。

株式みたいに売買リスクを下げるためのオプションを作っていく予定はあるのか

 

現在ベイジアトレードのレバレッジに関しては組み込みが完了しておりますが、相場を安定させるためにまだ稼働させておりません。

オプションに関しても現在ほぼ既に開発完了しておりますが、ユーザーがより簡単に使い方をご理解いただけるように、システム導入時期は協議しております。

ベイジアトレードのアビトラージのついての取組みや考え方

 

ビットコインやリップルを含めて、ユーザーがアービトラージによる利益確定は仕方ないと思いますが、ユーザーの行動を見ているとトラストしている取引所であり取引量が大きい取引所をメインに選択すると思います。

ベイジアコインのアフェリエイトをしたいと思ってるのですが

ベイジアコインの口座開設の業務委託は各社ASPに委託しておりますのでお調べください。

関西取引所と直接の業務委託契約を希望される個人・法人様は、関西取引所に直接お問い合わせください。

ベイジアコインは何倍くらいまで値上がりそうですか?

一般市場でオープンしている暗号通貨は、運営会社の技術力、経営基盤、セキュリティ、ポテンシャル、ユーザーのニーズによって決まります。

ベイジアコインがどれくらい値上がりそうか判断する判断材料は世界中のベイジアコイン取引所が開催しているセミナーに参加して、スタッフや講師に直接お聞きいただくとよりわかりやすいと思いまう。

当、ベイジアコイン関西取引所のセミナー日程はこちらをクリックしてください。

 仮想通貨交換所セミナー日程