ベイジアコインの特徴

ベイジアコインは、アジア最大の通貨を目指す新しい仮想通貨です。
このページでは、ベイジアコインの特徴を解説します。

1.アジア全体にフォーカス

著しい成長を続け、世界の人口の約半数を占めるアジアに適した開発をし、将来的には欧米に住むアジアの方々にも利用される展望を描いています。
日本や香港、インドを中心に利用出来る店舗やサービスの拡大に取り組んでいます。

2.分散型金融テクノロジー

次世代技術である分散型P2Pネットワークによりインターネット上の価値を交換することができるプラットフォームです。オープンソースを目指しており、誰もが参加する事ができます。
分散型P2Pネットワークとは特定のサーバーを介さない通信システムの事で、ユーザー間で取引が出来るなど様々なメリットがあります。

3.コンセンサスアルゴリズム

コンセンサスシステムにより、トランザクションに要するコストや時間を削減します。ベイジアコインなら24時間365日いつでも、たった数秒で送金する事が可能です。
スマートコントラクトに関する研究開発を深め、次の分野に活かせる技術革新を行っていく予定です。

4.他の通貨との連動

Ripple, Stellar, Bitcoinなど他の通貨との連動を可能にし(Ripple, Bitcoinは順次対応予定)、他の通貨を管理するウォレットとしても利用出来ます。

5.様々な価値との交換が可能

将来的に、金やゴールドなど様々な価値と交換する事を可能にする予定です。より安心できる資産運用に向けて、新たなルール策定に取り組んでいます。

6.社会に向けた取り組み

銀行口座さえ持っていない貧困層の人数は25億人と言われています。ベイジアのネットワークと、こうした貧困層とをうまくマッチングさせることで、循環型の社会の構築を目指しています。

詳しくはこちらをごらんください