有名な仮想通貨の種類と特徴

暗号通貨(仮想通貨)は円やドルなどの法定通貨と違って政府の保証がありません。

また、不動産やGoldと違って担保はありません。

だからこそ、担保がなく、政府の保証がないのにも関わらず、市場で通貨としての価値をつけられて値段をつけている一般市場でオープンしている暗号通貨はものすごい事だと思いませんか?

一般市場にオープンしている暗号通貨の価値の裏付けは何かというと、

・その運営会社の技術力

・セキュリティのレベル

・その暗号通貨のポテンシャル

・世界のユーザーのニーズと今後

・確実に普及してシェアを取るという期待感です。

 

暗号通貨は一般市場にオープンした瞬間に世界中のプログラマーやハッカー、プロの投資家、機関投資家、批評家、2ch、ライバルから徹底的に検証され分析されます。 

 

価値がないもの、インチキなもの、技術力やセキュリティがずさんなもの、会社や運営者が怪しかったり詐欺に近いモノは一瞬で叩かれ、誰にも見向きもされず値段は暴落して価値が無くなります。

 

世の中の暗号通貨(仮想通貨)はそのようなモノが大半です。

 

 

一部のプラットフォーム上だけ使用できるゲームコインに近いコインや、マルチ商法の為に作られたマネーゲームコインとしてでなく、

・一般市場にオープンしていてちゃんと値段が付いている暗号通貨。

 

・世界中で送金や決済手段など「通貨」として使用できる暗号通貨

・誰でもトレードでき換金できる暗号通貨

はごくごくわずかです。

しかも直接「円」で簡単に入出金と両替ができる暗号通貨となると、数種類しかありません。

 

クレジットカードが普及する前の時代と同じく、現実の世界の店舗で当たり前のように支払いで使える暗号通貨は現在、暗号通貨の基軸通貨「ビットコイン」ですら、まだまだの段階です。

 

だからこそ、政府が暗号通貨(仮想通貨)を通貨として認めて、今後暗号通貨が普及することが確実となり、暗号通貨のバブルが目前に迫った今、ベイジアのポテンシャルと現状を正確に知り1日も早くポジションを取られることを、強くお勧めします。

ビットコイン

初代仮想通貨。

ファーストバリューとマウントゴックスの件で認知度は世界で一番高い。

中央銀行のような発行者が存在せず、利用者全体で発行し管理する

発行の上限は2100万BTC → これによりインフレ懸念が少ないとされる

取引の履歴が公開されているため、データの改ざん(通貨の偽造)が不可能

P2Pシステムを利用しており、匿名性が高い

仮想通貨ビットコインのレート

デメリット

管理している国や企業がいない

決済に10分ほどかかり遅い

個人投資家には、用意すべき1コイン単価がかなり割高の水準にすでに達している

リップルコイン

リップルは様々な通貨に両替できるシステムが強く、リップルを媒介 (基軸) として複数の通貨による支払いの送受、口座残高の管理、両替、トレード、個人の信用による取引ができる「ハブ」としての存在を確立しようとしています。

たとえばリップルウォレットでは、ドルでも円でもユーロでも、それにビットコインでも両替できます。また、XNF いうリップル派生通貨によって、金、銀等の地金との交換も可能になるようです。マイルとも交換ができるようになるという話もあります。

この機能拡張によって、リップルを媒介 (基軸) として複数の通貨による支払いの送受、口座残高の管理、両替、トレード、個人の信用による取引などができるようになります。まるで、通貨のハブ空港を自分の財布の中に持つような感覚です

企業イメージでいうとGoogleやYahoo!のような感覚です。

私たちはGoogleという企業の株を持つことも悪くはないですが、それよりGoogleの検索エンジンを中継点にして様々な情報を調べる事の方がより便利でビジネスに適している場合が多いはずです。

したがってリップルコインの値段の上下で利益を出す目的で持つよりも、より低価格で高いリターンが望める様々な仮想通貨を中心とした投資と、ほかの投資とをトレードするための仕組みとしてリップルウォレットを持つという使用をされている投資家が多くなっています。

リップルコインのレート

デメリット

リップルは価格が大幅に下落。 現在も下げトレンド

BaysiaCoinの特徴

1.アジア全体にフォーカス

著しい成長を続け、世界の人口の約半数を占めるアジアに適した開発をし、将来的には欧米に住むアジアの方々にも利用される展望を描いています。

日本や香港、インドを中心に利用出来る店舗やサービスの拡大に取り組んでいます。

2.分散型金融テクノロジー

次世代技術である分散型P2Pネットワークによりインターネット上の価値を交換することができるプラットフォームです。オープンソースを目指しており、誰もが参加する事ができます。

分散型P2Pネットワークとは特定のサーバーを介さない通信システムの事で、ユーザー間で取引が出来るなど様々なメリットがあります。

3.コンセンサスアルゴリズム

コンセンサスシステムにより、トランザクションに要するコストや時間を削減します。ベイジアコインなら24時間365日いつでも、たった数秒で送金する事が可能です。

スマートコントラクトに関する研究開発を深め、次の分野に活かせる技術革新を行っていく予定です。

4.他の通貨との連動

Ripple, Stellar, Bitcoinなど他の通貨との連動を可能にし(Ripple, Bitcoinは順次対応予定)、他の通貨を管理するウォレットとしても利用出来ます。

5.様々な価値との交換が可能

将来的に、金やゴールドなど様々な価値と交換する事を可能にする予定です。より安心できる資産運用に向けて、新たなルール策定に取り組んでいます。

6.社会に向けた取り組み

銀行口座さえ持っていない貧困層の人数は25億人と言われています。ベイジアのネットワークと、こうした貧困層とをうまくマッチングさせることで、循環型の社会の構築を目指しています

7.医療関係に応用

暗号通貨とブロックチェーンを世界の医療業界に取り入れる試みにベイジアグローバルホールディングスは力を入れています。 

具体的に言うと、市場に流通させないベイジアコイン4000万枚とブロックチェーンを医療関係の中でも電子カルテに応用しています。

それによって今後、国内外を問わず、患者の情報及び、ドクター間での機密情報のやり取りがセキュアで出来るようになります。(プライベートチェーン)

 

仮想通貨BaysiaCoinのレート
ベイジアコイン資料
仮想通貨の基本知識
安心できる仮想通貨の見分け方
ベイジアコインについて
などが詳しく記載されています。
暗号通貨(ベイジア)資料 3.pdf
PDFファイル 5.7 MB

ベイジアの狙い

日常で使える暗号通貨

ベイジアは、2016年夏にベイジアコインユーザーが、コンビニや一般店舗でもベイジアコインで決済できるように、まずはユニオンペイ(右の黄色いマーク)のカード会社と提携する話が進んでいる。

それによって、このカード会社が使える店舗ではどこでもベイジアコインで決済できるようになる。

仕組みは、ベイジアクレジットカードで決済すると、ユーザーのベイジアウォレットにあるベイジアコインが、その時のレートで現地フィアットカレンシー(現地の円やドルなど)法定通貨建てで計算されて決済が行われる。

ビットコインのデビットカードはチャージした時の固定レートでカード保有しなくてはならないために、ビットコインの値段が上がると少しもったいない気がしてしまうが、ベイジアコインは、よりBtoB BtoC目線で、暗号通貨が日常の決済手段として使用しやすい、決済の瞬間のレートの自動両替ができるようなプラットフォームを用意しているのです。

ベイジアコインの決済カード
ベイジアコインで決済ができるようになる

どこでもすぐに現地通貨に換金両替できる暗号通貨

ベイジアコインは2016年夏をめどに、右の各ATMでベイジアコインを、その時点のレードでフィアットカレンシー(円やドルなどの法定通貨)に変換して引き出すことができるように動いています。

仕組みはベイジアカードを右のセブンイレブンや銀行ATMに入れると、ベイジアコインウオレットに入れてあるベイジアコインが、今の市場レートで現地通貨で計算してATMから現金化されて出るくるのです。

これは、そのユニオンペイが使える世界中のATMで、その現地の通貨で出てくるわけだから、海外旅行に行く人は、このベイジアウオレットにベイジアコインでチャージしておくことが当たり前になるでしょう。

国内生活でも、その時点のベイジアレートで自動エクスチェンジして日本円として24時間365日、ATMが動いている限り、暗号通貨を引き出すことができるわけですから

・平日の9時から15時までしか送金できない

・手数料も何百円も必要になる

・利子は0.001円

の日本円で普通預金しておく意味がどんどんなくなるでしょう。

一部のプラットフォームでしか利用できないような通貨としての本質からはずれている暗号通貨もたくさんありますが、ベイジアは

・日常で使える

・決済手段として利用できる

・自由に両替できる

・自由に国際国内送金ができる

・自由にトレードできる

本物の暗号通貨としてシェアを広げています。

ベイジアコインがATMで現金化できるようになる
ベイジアコインがATMで現金化できるようになる

国際送金市場

●国際送金市場規模60兆

(地下銀行を入れたら恐らく100兆は超えると言われています。)

国内の医療機器の市場規模が2兆であることを比較するととてつもない規模であり、その中身は全て手数料なので全て利益といえます。

●国際送金に本格的に目を向けて実際に走り出している仮想通貨はリップルとベイジアのみと言われていました。

ベイジアはその中で特にアジアにフォーカスしていました。

理由としては、中国やインドなど、国際送金に規制のある国が多いこと。

中国から海外に出せる金額は年間600万円しかなく、日本から仕入れをして中国に販売してる業者など黒字倒産のリスクが高い。など

ベイジアも今、日本の銀行とのディスカッションを通じて出てくる課題はこの国際送金です。

ビットコインでも海外送金は可能ですがトランザクションに時間が掛かり、処理してる間に相場変動リスクもあり適していないと金融関係者や大手企業は悩みを抱えています。

ベイジアの当初の構想はアジア版ユーロ。

そのためにアジア各地にゲートウエイを実際にどんどん設立しています。

ベイジアコインの総発行数1億枚のうち4,000万枚はハブ通貨として残し、市場には流通させません。

なぜならベイジアはハブ通貨を残す事で相対取引による送金マーケットを作っていきたいと考えているからです。

リップルと比較して発行枚数を抑え、送金に課題を抱えるアジア市場の圧倒的シェアを狙っているのがベイジアコインです。



詳しくはこちらをご確認ください。