新しい仮想通貨の取り扱いを始めました

関西取引所では新しくBTU(ビットチューブコイン)の取り扱いを始めました。

BTUは、次世代型ライブストリーミングプラットフォームの中で流通する仮想通貨として採用されたコインです。

このBIT-TUBEシステムは、YouTubeやツイキャスのように動画を誰でも無料で配信できるライブストリーミングサービス。

特徴として、配信者に直接コメントができるだけでなく、仮想通貨をプレゼントしたり、任意の枚数の仮想通貨を視聴者が配信者に提示してリクエストや交渉する事ができるビジネス使用ができる動画SNSサービスです。

 

この視聴者が直接、動画コンテンツ上から収益を手に入れる事ができるSNSの出現により、現在、いくら「いいね」をもらっても1円にもならないことに不満を抱いているSNSユーザーがどっとBIT-TUBEに移籍するSNS革命が起こるかもしれない期待もあり、投資家にも、SNSユーザーにも大変注目されているサービスです。

 

しかも、このシステム内コインBTUは、ビットチューブ側が発行するのではなく、サービスリリース前にコインを事前購入していた投資家が放出して流通させるという何ともユニークな戦略をとっています。

 

ここで利用される仮想通貨BTUは、アプリリリース後は1円=1BTUの固定レートで手に入れる事ができる仮想通貨ですが、アプリリリース前のプレセール中はなんと0.3円=1BTUで事前購入する事ができます。

(第一期プレセール中の価格 0.3円=1BTU  2016年9月1日~2016年10月15日)

 

つまり投資として考えた場合、約1年間で300%もの資産価値が上昇する事が期待できる超優良投資案件です。 マーケットにオープンした時も変動レートではなく、当分固定レート(1円=1BTU)というのも安心されているところ。

 

しかもこのアプリ、リリース前なのにも関わらずすでに47000ユーザーが確保されているとの事。

アプリリリースまでに10万ユーザーを目標にプロモーション活動をして、リリースさせる準備が着々と進んでいる所を見ても、非常にローリスク、ミドルリターンの案件と言われています。

 

サービスのホームページはこちら

 

ビットチューブとは

http://bit-tube.com/