ビットコインの開発者が判明

ビットコインの開発者が判明しました

都市伝説になりつつあった「サトシ ナカモ」の正体はオーストラリアの起業家でした。

 

クレイグ・ライトというオーストラリアの起業家が2018年5月2日にビットコインを開発したのは自分だと公式に発表しました。

ビットコインは2008年にインターネット上の論文で発表されたソースコードを世界中のハッカーやプログラマーたちが共同で作り上げ改良が重ねられた暗号通貨です。

その初めの論文に「サトシ ナカモト」という署名があっただけで、誰がこのソースコードをインターネット上にUPしたのかは長い間の謎に包まれていました。

しかし、2日にクレイグ・ライトというオーストラリア人がビットコインの基本概念は自分の発明だと認め、

 

ビットコイン開発初期に作った暗号キーを使ってデジタルメッセージに署名することでビットコイン発明者しか知り得ない情報を公開して「サトシ・ナカモト」は自分であると実証してみせました

情報源はこちら

 

http://www.bbc.com/japanese/36184848