ブロックチェーンを使った電子カルテにベイジアが挑戦

【ブロックチェーンを使った電子カルテをBaysiaGlobalHoldingsが取り組んでいます】

 

 

現在世界中の政府や金融機関だけにとどまらず一般企業も大事なデーターが消えない 改ざんできない 不正コピーができないブロックチェーン化を進めている。

その中で昨今、日本円でも両替・換金ができる暗号通貨として人気のベイジアコインの運営元、ベイジアググローバルホールディングスの元にも、様々な企業や金融機関からデータのブロックチェーン化の依頼が来ている。

 

その中で、医療関係にブロックチェーンを取り入れる試みにベイジアグローバルホールディングスは力を入れている。

具体的に言うと、医療関係の中でもそのブロックチェーンを電子カルテに応用するとのことだ。

それによって今後、国内外を問わず、患者の情報及び、ドクター間での機密情報のやり取りがセキュアで出来る。(プライベートチェーン)

 

その他にも電子カルテにブロックチェーンを取り入れる事で医療関係者はこのようなメリットがある。

 

☆ブロックチェーンは新技術の為、それを使っているというだけで宣伝になる。

☆既存のバックオフィス業務の簡素化コスト削減(人件費含む)

 

ベイジアサイドは、「AIとの組み込みも視野に入れており、ゆくゆくは、ブロックチェーン技術を用いて、電子機器と連動させ、瞬時にデータを共有できるようにしていくと言う。

これにより、今後、格段に医療ミスが少なくなると世界中の医療業界から期待されている。

 

ベイジアコインという優れた暗号通貨の技術は、このような世界の医療現場でも応用されているのだ。