仮想通貨を「貨幣」として政府認定 金融庁は正式な決済手段として法改正準備

金融庁が国内で初めて導入する仮想通貨の法規制案が23日発表されました

 

今までは仮想通貨は単なる「モノ」と同じ扱いで通貨として認められていませんでした。

 

ですから、税金の払い方が定まってなかったりと法の抜け穴だらけで、それを知っている投資家は莫大な利益を上げたり、逆に正確な知識や情報が無い人は、不当に高いデジタル通貨を相対で購入させられたり、取引所がお客様から預かった資金を適切に保全してなかったり、不正行為をしたりで、日本でsは暗号通貨(仮想通貨)に不信感をいだいてる人は少なくありません。

 

しかし、政府が法改正で「貨幣の機能」を持つと認定することで、暗号通貨や(仮想通貨)は決済手段や法定通貨との交換に使えると正式に位置づけます

 

そして仮想通貨の取引所は登録制とし、金融庁が監督官庁になって、仮想通貨の取引や技術の発展に目を光らせます

 

今通常国会に資金決済法の改正案を提出し、成立される見通しです

 

 

マイナンバー登録に関して、暗号通貨(仮想通貨)の口座が筒抜けになるかどうかはまだ未定だが、暗号通貨(仮想通貨)で貯金 貯蓄 投資を行っていた人にとって、暗号通貨(仮想通貨)が国に認められるという事は大変 うれしい事になります

 

なぜかというと、暗号通貨(仮想通貨)は今まで、正式には国は通貨と認めていない上に、日本では暗号通貨(仮想通貨)に対して不信感が根強いため、機関投資家が投資信託など金融商品の中に暗号通貨(仮想通貨)を組み込み事は表立って行っていませんでsた

 

 

しかし、国が正式に暗号通貨(仮想通貨)を通貨として認め、取引所を監督する事で、個人投資家だけでなく、一般ユーザーも日々の決済で暗号通貨を使うようになります

 

ユーザーが増え、日常決済で使う事が増えれば増えるほど、ニーズが高まる。

 

しかし、発行枚数は決まっている為、使う人が増えれば増えるほど価値は高まる。

 

それに何より、機関投資家が堂々と暗号通貨を投資信託のポートフォリオの中に組み込む事が当たり前になるでしょう。

 

今まで暗号通貨(仮想通貨)の投資は、大半は個人投資家が購入 保有をしていたが、これからは、

 

世界中の機関投資家の証券会社や銀行、政府が 何兆もの潤沢な資金を暗号通貨(仮想通貨)市場に投入し、購入保有するようになるのは目に見えています

 

その為の法整備の意味もあるのだから。

 

これが、どれくらいのチャンスを秘めているかお分かりいただけますか?

 

 

国が法的に通貨として認めるのは 今年でほぼ決まっています

 

通貨として国が正式に認めるまでは表立って機関投資家などは、潤沢な資金を動かしにくい・・

 

私たち、一般人や個人投資家が、わずかな資金でも暗号通貨に今のうちに両替していれば、1年後。

 

あなたの現在の貯金はいかほどになるか想像するだけでワクワクしますね。

 

 

ちなみにビットコインを購入したのは大半が個人投資家なのだが、一時12万倍に値段が上昇した事はここ数年前の話です。

 

 

今年、政府が暗号通貨(仮想通貨)を通貨として正式に認定します。

 

どの暗号通貨でも、比較的認知度があり、マーケットがしっかりできていて、取引所が一つの国だけでなくいくつかの国であるような仮想通貨は、間違いなく価値が跳ね上げるといわれてもいます

 

まさに青田買いのような暗号通貨(仮想通貨)バブルが起きる可能性が非常に高いといわれ、すでに見識のある人たちは、貯金を日本円から少しずつ暗号通貨(仮想通貨)に両替して貯金していっています。

 

 

人生で『最も後悔する』ことは、

 

「あの時、それを知ってれば違ってたのに」

 

ということだと言われています。

 

 

正しい情報を知って後悔することはありません。

 

 

正しい情報を知った上で判断すればいいだけの話です。

 

 

 

どうか、『後悔しない選択』をができるように、正しい知識を知ってください。

 

そして、一生に一度かも しれないこの人生を変える事ができるチャンスを見極め

 

 

 

どうか『後悔しない選択』をしてください。

 

 

後から、

 

 

「やっておけばよかった」

 

「やらなければよかった」

 

 

と、どちらかの後悔をするのなら

 

ぜひ、やってみてください。 

 

後で後悔する事ほどもったいない事はありません。

 

 

現金で持っておくだけでなく別の通貨に両替しておくだけで、貯金が増える速度は全然違います。

 

そして現金が必要な時に、好きに両替したらいいのです。 

 

期間の縛りもありません。

 

 

こんなマイナス金利の世の中で、外貨、暗号通貨、いろんな通貨も投資もある世の中

 

 

知ってるだけでチャンスは山ほどあります。

 

 

現金を価値が安くなってる通貨に両替して、価値が高くなってから 両替して現金化する

 

たったこれだけの事で、これからの人生を変える事ができるかもしれないチャンスが、今、ここで詳しく知る事ができます。

 

 

 

 

暗号通貨(仮想通貨)勉強会

 

暗号通貨(仮想通貨)が 通貨 と認められる前に具体的にどう行動すれば先行者利益を手に入れる事ができるか。

 

 

☆開催日時

3月8日 (火) 13:00~15:00

3月13日 (日) 15:00~17:00

3月17日 (木) 16:30~18:30

3月24日(木) 17:00~21:00

 

☆開催場所☆

 BNIホール

 〒662-0834 兵庫県西宮市南昭和町9-14 2F

☆会費 

 無料

☆受講可能人数☆

 30名 先着順。 受講可能人数に達した時点で受付は終了となります。

★ ★ ★ ★ ★ ★

 

 

セミナーの予約はこちら