ビットコイン騒動 マウントゴックス事件とは何だったのか

暗号通貨という素晴らしい技術が日本で一気に、「怪しい」「危ない」というネガティブな印象に変わってしまったのがマウントゴックス事件

 

正体不明ののハッキング攻撃に起因すると考えられる前に最大だったビットコイン交換所であるマウントゴックス事件の真相について、今でも詳しく聞きたいという投資家様の問い合わせがセミナーで多いので今一度、マウントゴックス事件を紐解きたいと思います

 

事件が起こった後、今はなき交換所の元代表者の逮捕によりいろいろな真相が明らかになってきました。

 

伝えるところによると、日本ベースでマウントゴックスは、そのシステムが2014年にハッカーによって侵害された時の45億ドルを超える85万ビットコイン以上を消失しました。

 

このような巨大な量のビットコイン消失の主な理由はまだ不明のままです。

 

調査は、これまで明確な結果が得られていません。マウントゴックスからのビットコインの消失は窃盗、詐欺、不始末またはすべての混合物によるものであったと推測されます。

 

事件中にマウントゴックスを担当していたマーク・カーペレスが、2013年2月に交換データを操作した疑われた後の昨日、日本の警察によって逮捕されました。

 

東京の警察の公式見解によると

 

フランス生まれの Mark Karpelesはマウントゴックスのコンピュータシステムに変更を加えた後、100万ドル以上自分のアカウントを膨らませた可能性があります。

 

共同通信など日本のメディアは、Mark Karpeles も、マウントゴックスからの大量のビットコイン消失についての関与を決定するための継続的な調査の対象であることを伝えています。

 

マウントゴックス事件はビットコインの業界に大きな影響を与え、ビットコインは$ 1000をマークする価格急騰をしました。

 

同時に仮想通貨の評判を悪くし、人々にデジタル通貨および関連サービスの選択を後悔させもしました。

 

2014年破産申請した後に、マウントゴックスからビットコインの消失についてのレポートが、最初に明るみに出ました。

 

Mark Karpeles はこれらのビットコインの盗難をハッカーのせいにしていました。

 

後日、彼はコールドウォレットの失われた20万ビットコインをなんとか回復したことを発表しました。

 

Mark Karpeles のせいかどうかはいまだ不明ですが、もし彼のせいであれば有罪になるかもしれません。

 

 

ニュースのソースはこちら (この原文を翻訳いたしましたものです)

http://www.newsbtc.com/2015/12/17/japanese-bitcoin-exchanges-may-get-registered/